FC2ブログ
2018
09.09

北海道地震

Category: day
9月6日、朝3時過ぎ頃、地震が起きた。

強い揺れのまま、なかなかおさまらない。

これは家具が倒れるかもしれないっ!
と、飛び起きるも、なす術もなくただただ固まっていた。

揺れがおさまり、家族が電気をつけようとするが、つかない。
外を見渡しても、一面真っ暗。

そう、ウチの近所は、地震直後からすでに停電していた。

地震直後はしばらく電気が通っていたと場所もあったようですね。
電気の復旧の仕方も、一本向こうはついてるけど、
こっちは真っ暗というランダムっぽい感じだったものなぁ。
電力の供給って、大きな括りで考えていたけど、
もっとピンポイントなものなのかもね。

夜中と早朝のはざまのような時間に起きた停電は
なかなか復旧しなかった。

ラジオがないので、情報はたまにスマホから得るのみ。
北海道全域で停電ときいても、最初信じられなかった。

それでも、これから朝になる。
夜までには復旧するよね?
なんて、のんきに思ってた。

明るくなるにつれ、ああこれも落下したかーとか、
これがこんなところまで?! っていうのが見えてきた。

でも、被害らしい被害はなく、
水道もガスも使えたので、
やっぱりまだのんきに構えていた。

6日は結局ほとんどごろごろして過ごしていたように思う。
暗くなっても一向に電気が復旧する気配がない。

朝も早かったし、この日は早寝し、
朝が来たらきっと電気復旧しているよねーと眠りについた。

早く寝たので、当然早く目が覚める。
どうだろうかと、ブレーカーをあげるが、通電せず。

せっかく早起きしたのに、真っ暗だしやることがない。
またごろごろする。

7日はさすがに私も朝から近くのお店をのぞいたりした。

当然どこも食品はガラガラ。
セイコーマートでからあげを作ってくれていたので、
それとチョコとプチのケーキを買った。

何気に買ったプチのケーキだったけど、
これが、パンが食べられないという状況を
大いに癒してくれる存在となった。

プチ、災害時の癒しにおすすめです?!

7日の朝もまだまだ停電している地域は多かったと思うのですが、
お店のレジは復帰しており、最低限の電気もついていました。
(6日は少なくとも近所のお店はレジ可動していなかったようです)

信号は、1~2丁置きについているという感じ。
6日はさすがに車通りも少なかったけど、
7日は車通りが多かった。

7日もほぼごろごろと過ごしているうちにまた暗くなり、
よもや今夜も復旧しないのか…?とあきらめかけた時、
付近に灯りが!

19時すぎ頃かな?
よかったー。

とりあえず、またいつ停電がくるかもしれないので充電。
そして夜だけども洗濯しました。

今回痛感したのは、電池の偉大さです。
電気ももちろん大切だけど、
停電時に頼りになるのは電池なんですね。

ランタンや懐中電灯、ラジオ、そしてそれらを動かす電池数日分位は
最低限必要であると思いました。

モバイルバッテリーは、電池のものも持っておくと良いかと。

でもこれは、あくまで水・ガスがいきている場合かもしれませんね。


まだ時々揺れるし、気がぬけない状態です。

実は、8日から11日まで千葉に行く予定でしたが、
6日のうちにキャンセルしました。
残念だけど、まぁまたの機会に。

6、7日と仕事にならなかったので、
10日は出社しようと思っています。
まだ出て来られない人もいるかもしれないし、
街中の様子も気になるし。

通電しても、結局それほど状況を把握していないのですが、
台風の被害も相当のようですね。

何が不安だったかというと、
いつ復旧するかわからないという先の見えなさでした。

いついつまでに70%復旧する予定とかいわれても、
果たしてウチはそのどちらの%に入っているのかがわからない。
だから安心できない。

一人暮らしの方や、旅行等で来られていた方は
もっともっと不安だったんじゃないかなぁ。

ともかく、そんな先の見えない不安な時間を
ほんの少しだけではあるけれど過ごした後では、
計画停電なんぞ怖くない。

やらないに越したことないけど、
急に停電になるよりもずっといいと思う。


▼本日つい買い足してしまった心のオアシス・大人プチのケーキ
thumbnail_IMG_7814.jpg
back-to-top