2006
01.14

brige 2月号

Category:
スネメモで「今回は購入する」と書いていたbrige 2月号ですが、
結局また立ち読みですませてしまいました。
あれでJAPAN 1月号みたいな写真だったら買っていたかもしれないが・・・
って、写真目当てかよ!

読んだのは少し前なので、既にあまり覚えていなかったりするのですが、
良いインタビューだったと思います。 と、素人が偉そうだけど。

インタビューってアレですね。
同じ人が同じことについて言うから同じ内容になるのは当たり前だし、
違ったら問題なんだけど、
もう、肝心の部分だけでいいっていうか…
補足も必要だしあった方が嬉しいけど、ある程度でいいや。

とかいいつつ、RAM RIDERのインタビューがとても心に残っている。
今日はそれが書きたかったんだ。

RAMくんも、これまでラジオや他所でも言っていたことも言ってたんだけど、
こちらは改めて確認できたし、新鮮でもあった。
なんだろう、露出度や蓄積度の違いなんだろうかなー。

飄々としたイメージのRAM RIDERだけど、
自分の音楽嗜好に少しコンプレックスがあったって事に
意外というか、そういう部分があったんだーと驚いた。
いや、驚きはしないけど、そうなんだーって。

私、RAM RIDERが邦楽ヒットチャートや、
MUSIC MUSICで紹介していたようなハズした感じの曲(って)を
好んで面白がって聴くような人だったから、余計好きになったと思うよ。

MUSIC MUSICの第一回で「夏色のナンシー」をかけてくれたことは、
すごく嬉しい衝撃だった。

自分のオススメの一枚を紹介するコーナーの第一回目だよ。
普通洋楽がくると思うじゃないですか。
それが「夏色のナンシー」。
RAM RIDERすげーぞ、こりゃ! と、グッときた瞬間でした。

スネオさんもそういうとこあったけど、
洋楽一辺倒へのアンチ的な感じがね、なんだか嬉しかった。
コンプレックスありつつ、ナナメに見ていて。

・・・って、なんだか「MUSIC MUSICと私」みたいになってますが・・・
(あっちもまた更新しなければなぁ)

冠二郎さんの曲を紹介してくれた時、
レポで『いっつもこんな曲ばかり紹介してるじゃん!』的な突っ込みを入れたことがあった。
RAMくん自身も「PTA~光のネットワーク」をかけた後
「(番組でかける曲は)いつもこんな曲ばっかりだったよね」って苦笑していたけど
私はさ、ああいう曲を沢山紹介してくれるMUSIC MUSIC、大好きだったよ。

RAM RIDERは本当にしっかりしている。
間違ってないよ。
トラックバックURL
http://lovebowl.blog38.fc2.com/tb.php/75-9f621caf
トラックバック
back-to-top