2009
04.06

雪が溶けてしまうまえに!

Category: Live
CIMG1095.jpg

正面がガラス張りで、明るく、そして少し広くなった感じにリニューアルされた音楽処で、smarttailボーカル須田くんと、スモゥルフィッシュボーカルいそべっくのインストアライブを見てきました。

オンドコが4プラに移転してから店内で見るライブは初めて。
 


◆スダヒデキ (smarttail)
スダヒデキのソロライブということで、普段のバンドライブでは滅多にやらないような曲を中心に聴かせてくれました。
一曲目の『メモリー』という曲は、ほとんどやったことがないそう。貴重でした。
大好きな『ピリオド』も聴けたよ。
毎度書いている気がするけど、やっぱり名曲。
まだ音源化されていない分、ライブで聴けると本当に嬉しい曲です。

『ノルウェイ』では、『ノルウェイの森』を読んで影響を受け作った曲と話していた。
内容が歌詞に現われているわけではないけれど、って。
ノルウェイっていうと、大半の日本人は『ノルウェイの森』をイメージするんじゃないかと思うのだけど、やっぱりあの小説から取ったタイトルだったんだね。

それにしても、改めて須田くんの歌声はすごいと思った。
距離の近いアコースティックライブだったからか、より魅力が伝わってきて、こんなにもキレイだったんだ!とか、こんな風に歌えるなんて!って驚きながら聴いていた。
本当になんて声をしているんだろう。ベールのよう。

アコースティックの『キズナ』はやばい。
動けなくなる。
この日の水は“ニセコウォーター”。

〈セットリスト〉
1. メモリー
2. ピリオド
3. ノルウェイ
4. キズナ


◆イソベック!(スモゥルフィッシュ)
ライブをいっぱいやっている人のライブは安心感があって自然に惹き付けられます。
それはもちろん場数だけの問題ではないのだろうけど、数をこなしているという事実は、きっとステージにも現われてくると思うのです。
やっぱりいそべっくは上手いなあ。
ギターも凝った弾き方をいっぱいしていて、すごいなあと見ていた。

MCでは、須田くんも言っていたことだけど、インストアライブはお客さん皆の顔が見えていいって話していた。癒される、って。
ライブハウスだと暗闇に目が光って怖い。獲物を狙うような目に見えるって言って笑いを誘っていました。

聴けると思ってなかった『檸檬』をやってくれて嬉しかった。
春に向かう季節にぴったり。

〈セットリスト〉
1. 戸塚
2. 本日は晴天なり
3. 君はもうそこに
4. 檸檬
5. 6月の花
6. 日曜日


■雪が溶けてしまうまえに! スダヒデキ×イソベック弾き語りライブ
2009.03.29(日) PM 2:00 START!!
音楽処リニューアル記念インストアイベント
スダヒデキ×イソベック
back-to-top