2008
05.06

the telephones 1st full album "JAPAN" release tour その1

Category: Live
【出演】
OPENNING ACT: 青空教室
DJ : katz
SNARE COVER
REVOLVER AHOSTAR
naked
avengers in sci-fi
the telephones
Wonderver
未完成VS新世界
5時40分位に着いたのにまだ沢山人が並んでた。
オープンから沢山のお客さん。
転換の間はkatzさんのDJ。
イキオイのあるロックが多く、盛り上がって踊ってた人たちもいました。

◆青空教室
出演予定だったRUMYがインフルエンザの為、急遽彼らに。
3ピースバンドでドラムが女性。
マイスペで一度聴いたことがあったのですが、曲、良かったです。
2曲目あたりからググッと掴まれてゆきました。

◆SNARE COVER
スネオヘアーと語感・字面が似ているスネアカバー!
初めてライブを見ました。
ドラムがものすごく力強かった。も、めいっぱい叩いていた。
圧倒されました。

〈セットリスト〉
1. 愛星児
2. YES
3. オルガン
4. レモネ
5. プラネタリズム
6. we

◆REVOLVER AHOSTAR
ライブを見るのは3度目でしたが、CDを聴いてからのライブは今回が初めて!
曲を聴いた上でのライブはやっぱり意気込みが違います。高まる期待。
リボアホは熱かった!!
最初から最後まで沸点でした。

頭をぐるんぐるん回し、体をぐりんぐりんうねらせ演奏する上野くん。
その激しいベースプレイで、2曲目かな?演奏中眼鏡を飛ばしてしまったようでした。
文生くんと苦笑し合っていた様子になんともほっこり。
結局そのまま最後までメガネなしで演奏してました。

文生くんのドラムは、とても大事に演奏しているような気がしました。
まだリボアホのライブを見始めたばかりなので、イメージだけでそう思うのかもしれない。
24日、またしっかと見てきたい。

岳生くんは男前ですね。
竹を割ったように気持ち良いライブアクト。
付いてこーい!ってなカンジなんだけど、お話しすると穏やかで柔らかさもあり、そこがまた魅力。
ギターにリンゴのシールが3つ付いていて、それが赤・緑・黄色の信号(もしくは羞恥心?)カラーでとても可愛かった。
上野くんのベースに貼っているのも、何のステッカーかわからないけど可愛いよね。
ライブに行くと、ついそういう細かいところまで見ようとしてしまいます。

「優しさは雨の中」が聴けて嬉しかった。
これはホント名曲ね。リボアホが詰まっているよ。大好き。
「Blue City Street」から「seeds」への繋がった流れがカッコよかった!
「seeds」はもっともっと手を上げたりワーッとなりたい曲だわ。狂いたい。
そして最後の「花火」、ものすごく響いた。
伝わるものがあった。
こみあげてきて泣いてしまいそうだった。
あのエナジーは何だろう。
もっともっと彼らのライブを観たくなった。
カッコイイよ、リボルバーアホスター!!!

〈セットリスト〉
1. NORTHERN ANTHEM
2. 優しさは雨の中
3. アイスクリーム
4. Blue City Street
5. seeds
6. 花火

CIMG0392.jpg

ライブ後、新作「ALL LAD CONS!」を求め物販へ。
テンション高めに繰り出す私を優しく受け流す岳生くん。
買ったCDにサインをしていただく。
この時は岳生くんからだけ。文生くんには後でしてもらいました。
上野くんからは貰えず終い・・・残念。

いかした曲揃いのリボアホ。
「Like a journey」や「旅する二人」の旅シリーズ(勝手に命名)も、ライブで聴いてみたい。
あと「NO FUTURE」! この曲もホント大好き。
いつかライブで聴けたらいいな。

◆naked
ギターやベースの人もMCをしていたのですが、入ってなかったマイクを入れてもらってまでドラムの人がライブ告知などをしていて、札幌のバンドではなかなか珍しいのではと思いました。
希望者はフリー音源(この日は先着19枚)が頂けたそうで、是非欲しかったのですが、メンバー発見できず…
というか、後ろで観ていたのでメンバーのお顔があまりハッキリ分からず、人が多くて誰が誰やら状態だったのです。
曲かっこよかったので、家でじっくり聴いてみたかったんだけどね。
きっとまた機会があるよね。

その2に続く 
back-to-top