2008
02.17

寺前未来・ゲントウキ@音楽処

Category: Live
寺前未来さんは、myspaceでフレンドリクエストくださり出会ったアーティストです。
素晴しい歌声はもちろん、すごく良いパワーをもっているような気がして、是非生で聴いてみたかった。

ゲントウキさんは、お名前は知っていたけれど、ちゃんと曲を聴いたことがなく、ファンのお友達が多いこともあり、気になっていました。

そんな二人のライブが一度に見られるなんて!
こんなチャンスはなかなかないよ。
行ってきましたー。
myspaceで出会ったアーティストのライブに行くのは初めて。
オンドコの店内には、同じくmyspaceで知った龍之介さんのサインなどもあった。
そう考えると、札幌にも沢山のミュージシャンが訪れてくれているんだなぁって、嬉しくなった。


■寺前未来 http://www.myspace.com/mikimilai

素敵な人でした。
小柄で可愛らしいだけじゃなく、内なるパワーがすごいというか、しっかりしているというか。

ネットで購入したという、横にネコか何かのワンポイントが入った、可愛いデンマーク製(だったっけ?)の長靴を履いていた寺前さん。
初めての北海道、しかも冬の北海道ということで、いろいろ準備してきたようです。
「北海道の歩き方」という、雪道の歩き方のサイトを見たけれど、あまり意味はなかったそうな。
街中だとそれほど雪道歩くこともなかったりするしね。
寒さも思っていたほどではなかったようです。
寒くないって言われると、道産子としては少しガッカリ感もあったりするのですが(笑)、そう、マイナス何度とかいってもね、意外に寒くないものなのです。

「グッド・グッドバイ」という曲かな?
タイトルを忘れてしまったのですが、大好きで憧れのご夫婦のご主人が亡くなったことに対する想いを歌った曲が、とても沁みて、危うく泣きそうになりました。

セットリストは分かりません。

・泣けてくる
・ピーターフロント
・恋模様

他、全5曲歌ってくれました。


■ゲントウキ http://www.myspace.com/gentouki

よく見るアー写と同じような服装で登場したゲントウキさんに『おおー、本物だっ!』。
トークも流暢で、たっぷりと。
とても楽しくて実に贅沢でした。

北海道は夏でも湿度が低いと思うけれど、冬は本当に乾燥している。
暖房を焚いているので余計なのかもしれない。
喉に気を使うボーカリストさん泣かせだと思う。

ゲントウキさんも苦しんでいたようでした。
あとでブログを読んだら、夜には声が出なくなっていたようです。
自分を責めるようなことも書いていて、私は夜のライブには参加しなかったけど、なんだかとても申し訳ない気持ちになりました。

なんとなく本調子ではないのだろうなとは感じたけれど、
音楽処のライブでは聴きづらいなんて感じは全くしませんでした。
とてもキレイな歌声でした。
ユーミンと同じキーだということで歌ってくれた「卒業写真」のカバーも素敵でした。

CDを聞いたことがないので、音源がどうかわからないのだけど、バンドサウンドで聞いたらもっと楽しいんだろうなぁって曲もあって、アコースティックなイメージのゲントウキさんだったけど、ポップな曲もいっぱいあるんだと知りました。

〈セットリスト〉
1. あめちゃん、ひとつ
2. はじまりの季節
3. 感情のタマゴ
4. 卒業写真
5. さらば


■寺前未来・ゲントウキインストアライブ
2008.2.17(日)音楽処 14:00~
back-to-top