2008
02.11

smarttail インストアライブ@ジャスコ元町

Category: Live
0802113.jpg

smarttail のインストアを見にジャスコ札幌元町店へ。

きぃこちゃんに車に乗せていってもらったのですが、相変わらず私は全く役に立たず、やはりストレートには辿りつけませんでした。
というか私、ウチの近所ですら道分かってませんでしたからね!
ダメすぎる…助手席に座る資格全くナシだ。
しかしなんとかスタートに間に合い、無事頭から見ることができました。
 
今回のライブは13時と15時(16時の予定が変更になった)の2回。
13時の回は、お客さんに小さな子どもを連れたママさんたちも多く見られました。
小さな女の子が歩いている姿を見た須田くんの顔が、歌いながら笑顔になった瞬間があって、いいなと思った。

15時の回は、お客さんの数は更に増え、吹き抜けの2階、3階からも沢山の人が聴いていた。
上の階のお客さんに手をふる金ちゃんに、様々な年代の方が応えてた。

インストアでお客さんの表情がよく見えることに良太くんが「癒されますね」と言っていたけれど(それに対し須田くんは「暖かいですね。WARMですね」とかなんとか言っていた)、そんなスマテの様子にこちらも癒された。

場所柄、初めてsmarttailを見る人も多いだろうということを考慮してか、音楽処の時とはMCの感じもかなり違いました。
そして、良太くんのギターが違った事もあってか、音もよりアコースティック。
サポートのカホンの木箱などのサポートドラムの方(龍一くん?)の真っ直ぐな演奏も、今回の雰囲気によく合っていた。

アコースティックの「七色スタイル」、しっとりめなアレンジでとても良かった。
「ピリオド」は13時の回は全員で演奏していて、それが聴けたのも嬉しかった。

2回目の15時からのライブは更に更に良かった。
より気持ちが込められていたように感じた。

厳しい冬の北海道だけど、その中にある暖かさを歌ったという「forest」。
“一人では何もできない。沢山の人と繋がってゆきたい”という「LINE」。
“大切な人を想いながら聴いてほしい”と言った「キズナ」。

バンドスタイルのライブがあった上でのインストアだけに、やっぱりこういうのって貴重で贅沢。
普段のライブではなかなか1曲づつ曲についてとかお話したりしないから、想いの一端に触れることができるのも嬉しい。

音にのった想いが私の中にあるものと溶け合って混じる。
すごく心に届いた。

15時は、ジャスコ初のアンコールがでました!
オンドコ同様、須田くんが一人で「ピリオド」を弾き語り。

 曖昧が思い出になる みんなそうさ

ちょっと違うかもしれないけれど(まさに曖昧!)、こんなような歌詞のサビ。
須田くんの紡ぐ言葉、やっぱり好きだ。



物販では、CDの他にTシャツとバッチも販売してました。
バッチ欲しかったので、売っていたのが嬉しくて、すごいテンションに。

バッチは全部で5色だったかな?
その中の水色・紫・緑の3色をセレクト。
他にオレンジと黒がありました。

Tシャツも欲しかったけれど、大きめサイズしかなくて残念。

用意していたことは何ひとつできなかったのだけれど、お話できて楽しかった。
いつも優しく暖かく迎えてくれるsmarttail。
ありがとう。



15時の回の「キズナ」。
『迷わないで 迷わないで…』の後、
『その手から伝わる~』入るのに溜めの間があった。
一瞬の無音。
ハッとした。胸に迫った。

0802111.jpg

smarttail in store live ジャスコ元町
・13時~  ・15時~

〈セットリスト〉
【13時】
1. ため息
2. 七色スタイル
3. forest
4. ピリオド
5. キズナ

【15時】
1. ため息
2. 七色スタイル
3. forest
4. LINE
5. キズナ
EN. ピリオド
back-to-top