2007
12.15

りんごの夜

Category: event
12/8の日記でご紹介した、森雅之さんの原画展『りんごの星 りんごの冬』を見に行きました。

会場のB・C・Sはとても可愛らしいお店でした。
雑貨も置いてあるので、雑貨屋さんを覗く感じで気軽に入れました。
住所で気になっていた『しゃみ靴店』も、名前から受けるイメージどおり、夜中にこっそり小人が靴を作っていそうな、とても雰囲気のある靴屋さんでした。
外観の写真を撮ったんだけど、暗くてあまりよく分からない写真だったので、載せるのはやめておきます。

お店の一角に並べられていた森さんの絵には、
素敵な短い物語が添えられていました。
その1つ1つが心に染みて、そうだ、この感じだ って思い出した。
そう、私はすぐに忘れてしまう。
こんな風に感じた気持ちを…

『夜の話』という作品があった。
5枚くらいの、きっとどれかの本に収録されているお話だと思うのだけど(うちにある本には載ってなかったみたい)、“誰の中にも夜はある”というその作品を見ていたら、サカナクションの『夜の東側』が浮かんできて、歌いそうになった。

 月と僕との秘密を話しておきたいんだ

なんだかイチロくんと森さんの世界観って似ているような気がした。
『白波トップウォーター』や『夜の東側』を聴いて感じる気持ちと、森さんの作品を読んで感じる気持ちが似ているからかな。

ああ、できることならモラトリアム鬱屈ボーイのイチロくんにも、森さんの原画展を見てもらいたい。
きっと感じるものがあると思う。

新作のりんごの作品たちもとても可愛らしかった。
森さんは、これまでもりんごのお話をたくさん描いています。
こんなお話も!
20071215202046.jpg
りんごといちろう君。
サカナクション・山口一郎くんのギターには、りんごが貼ってあるよね。

特にお茶などを注文しなくても、まったり本が読めたりできる雰囲気だったのですが、せっかくなのでケーキセットを注文しました。
お茶は、今回の原画展にちなみ、アップルティーにしました。
フリーズドライのりんごの中には、ちゃあんと酸味が閉じ込められてた。
appletea.jpg

お茶を飲み終わり、帰ろうかと席を立ったら声をかけられた。
なんと、お友達のRemoさんご一家がいらしていたのです!
お互いに今日行くなんていう話はしていなかったのに、ピンポイントで同じ日の同じ時間帯に来て遭遇してしまうというのは、やっぱり縁なのかな。

■漫画家 森雅之 原画展
「りんごの星 りんごの冬」

12月5日(水)~12月24日(月)
※途中、作品の入れ替えあり
※12月10日(月)、17日(月)は定休日

会場/B・C・S
札幌市中央区南3条西7丁目7(しゃみ靴店隣り)
TEL.011-241-3889
営業時間
火~金 13:00~20:00
土日祝 12:00~19:00
定休日/月曜日

森雅之HP
http://www11.plala.or.jp/calencf/sub3.html


back-to-top