2007
11.11

永野亮スペシャルアコースティックLIVE

Category: Live
アヒルー アヒルー

11/11 APOGEE 永野さんのインストアライブに行ってきました。


寒いうえに雨が降りそうだった。(実際降った)
前日もライブだった。
仕事が残ってた。

出不精に拍車をかけるマイナス要因。
だけどなんだか行った方が良い気がして、行くことにした。

いつに間してギリギリ行動。
会場に着いたら永野さんが登場する直前だった。

永野さんは、デニムのジャケットを着ていて
これまでライブで見てきたパーカーなどの服装とは
また少し違った印象で新鮮でした。

ギターにも目を奪われた。
前日のライブでは使用していなかったもの(だと思う)で、
色合いといい形といい、すごくカッコよかった!
ネックのコードの印が、丸じゃなくて上みっつくらいが星だった。
最初からそういうデザインなのか、どうなのか。
とても永野さんやAPOGEEのイメージと合っていた。

会場を見渡し「なんか変な感じだね」って笑って
一曲目『夜間飛行』。
前日のライブでは聴けなかったので嬉しい。

家で曲を作っている時はこんな感じで、
こういったアコースティックアレンジは、
メンバーに聞かせる最初の段階のものに近いそう。
ギター一本で歌っているデモに、メンバーがいい感じでアレンジをつけ、APOGEEのサウンドになってゆくそうです。

セピアカラーの無声映画みたいな『ロードムービー』。
アコースティックだとますますそんなイメージがして素敵だった。
“ざわつく気持ち”ってフレーズ、すごく好き。

2曲終わったところで、レーベルのプロモーター(かな?)さとうくんが登場。
なんとミニトークコーナーに突入です!
こういうタイプのインストアライブでは珍しいのでは?
少なくとも私は初めてだったんだけど、すごく楽しかった!

まるで地方局のアナウンサーのように淀みないさとうくんのMCに
「いけるねぇ、さとうくん! もっとたどたどしいかと思っていた」
と、感心する永野さん。
「結構こなしてるの?」とかなんとか。
さとうくんは「いえ、緊張しています。ノミの心臓なんで」と、
まるで緊張を伺わせずテンポよく答え、コーナーを進めます。

さ:APOGEEのアコースティックライブって想像できなかったのですが、アレンジは苦労しましたか?
永:さっきも話したけど、バンドの音になる前の、最初の音に戻す感じ
さ:さっきも話していましたね

上手い事きりぬけるさとうくん。
永野さんのアコースティックライブは今回の札幌で二度目とのこと。
前回の大阪と比べてどうですか? の質問には
「比べてというか…。こんなに来てくれると思わなかった。嬉しい」

札幌の話の中で「札幌でのライブは三回目だと思うんだけど…」
と言っていたのですが、ライブは4回目ですよ、永野さん!

ジャスマックプラザでの招待ライブ
コロニーでのsleepy.abとの2マン
クラップスでの夢チカライブ
そして今回のペニーレーン

今のところ私、皆勤です!
来年アルバムが出るので、そのタイミングでワンマンで来るんじゃないかと思う、なんてことをサラッと話しておりました。

インパクトある「アヒル」PVについて
永:APOGEEのPVだとみんな好き勝手やれると思っているみたい。
PVっていうか作品発表みたいになっている
さ:今回は演技もなさっていますが
永:あれはくすぐったいね!

「くすぐったい」じゃなくて「こそばゆいね」とか、そんな言葉だったかな?
発言内容は俄然曖昧なので、大体そんなニュアンスのことを話していたと思ってください。

2nd Albumもすごくいいものが出来たというようなことを話し、
最後、さとうくんがトークコーナーのまとめとして
「2nd AlbumもComing Sonnということで…」と締めようとした時、
永野さんが笑いながら「カミングスーンて!」と茶々。
私も「カミングスーンて!」って思ったので、すごく可笑しかった。
だって、会話の中でなかなかすらっと“カミングスーン”って出ないよね。
普通なら「2nd Albumも間もなく」とか言ってしまうところをさ。
さとうくん、すごい!!

さとうくんのMCがあまりにも流暢なので、永野さんは
「その流れを止めたくなる! じゃましたくなる!」と
ドS…もとい、いたずらっこな瞳をキラキラさせておりました。

楽しいミニコーナーのあと、再びライブ。

アコースティックだけど、どの曲もテンポはCDと変わってなかったんじゃないだろうか?
一体どんな感じになるんだろうと想像がつかなかった『アヒル』も、
CDと同じ位のテンポのままアコースティックヴァージョンになっていた。
それがめちゃくちゃカッコよかった!!
シンセが印象的な曲だけど、ギター一本もすごくカッコ良かった!
行って良かった、聴けてよかったと思いました。

最後は「???What is the life???」。
永野さんのヴォーカルが際立っていた。
とてもきれいな歌声でした。

ライブの後はサイン&握手ならぬシェイクハンド会。

そういえばライブの最初、永野さんは
「アヒルお買い上げありがとうございます」と言ったのですが、
すみません、私「アヒル」を飼ってないのでした…
アルバムは買いますので、許してください。
なんて申し訳なく思いながら、横で見学。

トークコーナーの時、永野さんは上の階にいた内垣さんを発見し
「応援してるよ!」なんて声をかけられていました。

「札幌のどこかにはいます」といっていたAPOGEEのメンバーは、
結局みんな永野さんの応援にかけつけていたようで、
シェイクハンドが終わった後、全員で店頭用ポラを撮影したり
POPにサインを書いたりしていました。
サポートの森ゆにさんもいましたよ!
我々はそれを遠巻きに眺めておりました。

アポジーご一行は「ありがとうございました」と言いながら
帰っていきました。

盛りだくさんでした。
贅沢でした。
すっかり堪能しました。
本当に行って良かった!

これから永野さんのインストアが予定されている地域の方、
絶対行った方がいいです。
気持ちのよい時間で満たされること請け合いです。

〈セットリスト〉
1. 夜間飛行
2. ロードムービー
~トークコーナー~
3. アヒル
4. ???What is the life???


■永野亮スペシャルアコースティックLIVE

APOGEE “ 永野 亮(Vo.&G.)”
new single「アヒル」リリース記念 スペシャルアコースティックLIVE

場所:札幌【タワーレコード札幌ピヴォ店 7Fイベントスペース】
(ミニLIVE&シェイクハンド)
11/11(日)15:00~ START 予定/料金:無料
back-to-top