2007
11.10

impression time vol.1

Category: Live
なかなかに寒い日でしたが、
週間予報で囁かれていたような悪天候にはならず良かった。

入場までの間、今回も普通にそこらへん行き来している
sleepy.abメンバーをみかけて嬉しくなる。
どんどん大きくなっているけど、変わらないあのムード。
ああいう光景を見られるのは幸せなことだよね。
馴れ馴れしく振った手に応えてくれてありがとう。

お友達にも沢山会えた!
相変わらず私はトークの方がアレでかなり申し訳なかったけれど、
とても楽しかった。
ありがとう!

APOGEE
会場に入ったら、APOGEEの楽器がセッティングされていた。
改めてみると、やっぱりペニーレーンのステージって広いんだなぁ。
コロニーやクラップスでは密集していた楽器にゆとりが感じられる。
永野さんはMCで「ペニーレーンは初めてだけど、地元・広島のライブハウスに帰ってきたみたい」と言い、広島でライブをした時に、はりきりすぎてギックリ腰になった話をしてくれた。
「信じられないでしょ? ギター弾きながらギックリ腰になったんだよ」

『Let It Snow』はアルバム一曲目の曲ってこともあるけど、最初のあのシンセの音が、これから始まるぞ!って感じでワクワクさせる。
CDでも広がりがあるけど、ライブはその広がりが全身で感じられて、あの感覚は本当にその時しか味わえなくて、そういうのがあるからまたライブに行きたくなる。
間野さんのドラム、すごかったなー。
相変わらずかっこいいアポジー。
1つ残念だったのは、夢チカの時は映えていた電飾のキラキラが、今回あまり存在感を放ってなかった気がすることです…演奏とは全く関係ないところだけどね。
あのキラキラは感動ものだったし、世界観が徹底しているなと感じたので。

・間野さん、モスクワムードな毛の帽子。
ああいう帽子、もしかして流行ってる?
ショップでもちらほら見かけ、店員さんも被ってたりした。

〈APOGEE setlist〉
1. Let It Snow
2. Just A Seeker's Song
3. ゴースト・ソング
4. 新曲(「Tell Me Why」?)
5. 流星
6. アヒル
7. Route Another
8. GIRAFFE


sleepy.ab
ひっくんが、たまに演奏中も次MCだな~と思って緊張するというMC。
今回は特に絶好調だったんじゃないでしょうか。
成山くんの「(演奏に)集中してください」という冷静な突っ込みも相変わらず鋭くて。
その間で、話を聞いているようないないような(いや、しっかり聞いているんだろうけどね)山内くんを盗み見るのも好き。
後ろで微笑んでる津刃さん(最近この表記がお気に入りのよう)を見るのも好き。

『sonar』、やっぱり大好き。すごく良かった。
出だしが、以前ライブで聴いた時とは変わっていたような気がしました。

新曲『ねむろ』。
成山くんがタイトルを言った瞬間「根室!」って、もう勝手に根室の景色を思い浮かべていた。
昔、4年弱くらい根室に住んでいたことがあるのです。
多分今はすっかり変わっているであろう、やたら広かった町。
クラスメイト、先輩、先生…
“もう 戻れない”っていう歌詞が、後ろ向きではなく、そこから今に繋がっている現実を正面から捉えているようで、胸に響いた。
初めて聴く曲ということもあって、むさぼるように聴いた。
ねむろ、音源が楽しみ。

いつも圧倒される「Scene」、凄まじかった。

・白×黒細ボーダー(成山)
・ヒックンのTHUNDER Tシャツ、かっこよかった。
THUNDERのNが雷マークになっていて、後ろにも雷マーク。
ヒックンはすっかり雷マークがトレードマークだね。
・王子は銀杏カラー(と私が勝手に思っている)シャツ
・私的に久しぶりのニットキャップ姿の津刃さん

*関連
オトキタINFORMATION 07.11.15

〈sleepy.ab setlist〉
1. 四季ウタカタ
2. mass gymnastic display
3. 夢の花
4. sonar
5. ねむろ(新曲)
6. Scene


サカナクション
草刈さんともっちが、イチロくんをはさみステージ前ギリギリまで出てきた。
なんだなんだー!?
キーボードみたいなギターの音色。メタリック。
一曲目のインナーワールドが始まる前も、イントロというか、オープニング的な一つの曲だったのかもしれない。
すごくカッコイイ!
みる度に大きくなっていて驚かされる。
着実に世界を築き上げてる。
1つ1つのライブを吸収し、成長しているよう。

前の方にいたお客さんは、特にサカナファンが多かったようで、楽しそうに踊っていた。
私もすごく楽しかった!
あまりにカッコよくて、何度も歓声をあげたよ。

いつも「三日月サンセット」の時にクラップしたいなって思っていた。
でもタイミングってあるじゃない。
回りが誰もしていないと、『ちょっと違うのかな?』とも思っちゃうし。
けど今回、草刈さんが前に出てクラップしてくれたんだ。
すっごく嬉しかった。
イチロくんも新曲とかでクラップしたり、逆に「しーっ…」と沈めてクラップを止めたり、観客と音楽を通じてのコミュニュケーションが、より深まったライブになっていた。
帰りに皆で話したんだけど、静と動、トメ・ハネな感じのメリハリがますます際立っていた。
GO TO~も、白波も、より壮大になっていた。
エジくんのドラムすごくパワフルだった。
すごいなぁ。本当にすごいよ、サカナクション!!

わりとノンストップで曲が続くので、MCは少ないのかと思いきや、キムチ鍋についてイチロくんともっちが激論を交わし、告知も忘れるイキオイのエキサイトっぷりだったため草刈さんに制止されたりして。

アンコールは早く登場してくれたんだけど、イチロくん曰く「アンコールしてくれて、すぐに出てきたんだけど、岡崎さんが足つったって言って手間取った」って。
足がつったことをバラされてしまった岡崎さん。
ライブの度にイチロくんにいじられてるよー。
岡崎さん、申し訳なさそうに誤っていました。

新曲もカッコよくて、ニューアルバムももちろんだけど、なんだか早くもワンマンを期待せずにはいられなくなったライブだった。

〈サカナクション setlist〉
1. インナーワールド
2. 新曲
3. 新曲(「ナイトフィッシュイズグッド」?)
4. 三日月サンセット
5. 夜の東側
6. GO TO THE FUTURE
7. 白波トップウォーター
- EN -
ワード(新曲)

impression time vol.1
11/10(土)@札幌PENNY LANE24
APOGEE, sleepy.ab, サカナクション
open 17:00 / start 17:30
adv : \2,000 (D別)
問合せ)WESS 011-614-9999
一般発売日)10/20(土)ローソン(Lコード12718)

*関連
情報群まとめ(07.11.11)
back-to-top