2007
11.06

伝わる愛

Category: music
『カバーはオリジナルを越えない』
なんていう人もいるけど、
それはそうなのかもしれないけど、
私はカバーソングって好き。
だって、愛がある。

その曲を歌いたい、演奏したいって思うのは
その曲がたまらなく好きだからだと思うんだ。

沢山の曲の中から、どうしてその曲をカバーしようと思ったんだろう?
とか、大好きな人が大好きな曲をカバーしたりしたら とか、
そういうのになんだかすごいロマンを感じる。

サッポロファクトリーにスネオヘアーが来た日、
番組の中で、誰かの曲のカバーソングが流れた。

あー、この曲知ってる…誰の曲だったっけ?
一緒に歌うことはできるのに、誰が歌っていたか思い出せない。
記憶の糸をたぐろうとしたら、近くに座っていた人達が
「これカバーだね」「誰の曲だっけ?」「…GAOだ!」

おおーっ、GAO! そうだー!

GAOの「サヨナラ」だった。
この曲は大ヒットした曲だけど、
私は格別思い入れはなかった。
でもこんなにも良い曲だったんだなぁ。
詩もすごい素敵。
曲に釘付けになってしまった。
それくらい、そのカバーは素敵だった。
歌っていたのは佐藤竹善さんだった。


バンドが解散したり、
ミュージシャンが亡くなっても
曲は残る。

歌い継がれなくても
誰かにとっての名曲は、ずっと心に残ってく。


佐藤竹善「サヨナラ」


GAO「サヨナラ」

back-to-top