2007
09.22

SAPPORO REAL-EYES 2007@KRAPS

Category: Live
<< REAL-EYES@moleのつづき

ベッシーへ移動。
周りにはあまり人気がなく、こりゃ大丈夫か!?と入っていくと
『会場のパス以外の方の入場は只今お断りしています』
がーーーーん!

多少は覚悟していたものの、すっかりサカナモードでいたため呆然とするノーストライパス組三人…
ショックのあまり、会場パス組に挨拶もせずベッシーを後にしてしまった。
すっかり虚脱感に包まれる。
お腹も減っているし、とりあえず何か食べようということに。

ふらっと入ったイタリアンのお店でパスタとパンを食べる。
小物一つ一つが可愛らしくって、お店の方も優しそうな方々でした。

急遽タイムテーブルとにらめっこ。
21時台、ベッシーのmonobrightと同じくらい気になっていたのは
moleの朝比奈サイエンスアカデミー。

だけどまたすすきのからmoleまで戻る気力がなかった。
最後はスモゥルフィッシュが見たかったし・・・

こんな怠慢な考えが、数日後に朝比奈のライブを見て
『やっぱりリアライズでも見ておけばよかったー』と
思う結果に繋がるわけですがね。


ナナイロマン

お名前だけは目にしたことのあるナナイロマン。
10代くらいの若いファンが多かったように思います。
なかなかに激しいサウンドで、皆さん踊り狂い盛り上がっておりました。

最後にやった曲がね『銀河線を走る夜行列車』という曲だったの。
タイトルに多いに反応してしまったよ。
この銀河線って、別にふるさと銀河線のことではないのかもしれないけれど、でももしかして???とか、いろいろ考えながら、聴いていました。


curly-girly

横になにやら可愛らしいおもちゃみたいな楽器が置いてあり、
ああ、クラップスも転換ライブあるんだー!と喜んだ。

curly-girlyはオフィシャルサイトによると、本来三人組のバンドだそう。
お一人が産休の為、この日は二人でアコースティックライブ。
ピンクハウス系の乙女チックな衣装で登場し、
ノスタルジックで70年代のフォークデュオのような雰囲気がしました。
オリジナルの他、ユーミンの「卒業写真」をカバーしてました。
緊張の為か結構ドジっ子っぷりを垣間見えさせて、とても和んだ。
激しいナナイロマンから一転、ほんわかムード。
カーリーガーリーなだけに、今度1スープカレー付きライブをやるそうです。


スモゥルフィッシュ

ご一緒した方々に、スモゥルのライブは初めてと言ったのですが、よく考えたら去年のリアライズでもみていました。
二度目でした。

一曲一曲心を込めて演奏してくれているのが伝わってくるような
メンバーの人柄が滲みでている、暖かいライブでした。

曲が終わるとありがとうって頭を下げ、
特にボーカルのいそべっくさんは、かなり長いこと下げていた。
MCも味わいがあったなぁ。

アンコールの「雨の資源」の前かな?

 曲で皆の心に雨を降らせます。
 びしょびしょになって帰ってもらいます。


って言っていたのが印象に残ってる。

雨みたいに降りそそぐ音楽
聴けば聴くほど沁み込んでゆくのだろう

〈セットリスト〉
1. 珈琲賛歌
2. 檸檬
3. 本日は晴天なり
4. ダービー
5. 夜行列車
6. フューチャー
EN.雨の資源


☆最初に描いていたタイムテーブル通りには見れなかったけど、結果的にそのお陰で新しいお友達が出来ました。
ありがとう!
ご一緒してくださった方、お会いした方、リアライズ!
満喫させていただきました。
来年もまたよろしくね。
楽しみにしてますよ!!


FM NORTHWAVE SAPPORO REAL-EYES 2007

【KRAPS HALL】

出演:JUNK LAND/shanghai(旭川)/THE THANKS/ナナイロマン/スモゥルフィッシュ

INTERVAL STAGE:SOLWANCO/リーとひろりん(curly-girly)

開場17:30 開演18:00
前売り¥1,500 当日2,000


札幌・北海道の表現者を応援する「SAPPORO REAL-EYES」。4回目となる今年も、「ライブ」を中心に、「アート」「映像」「クラブシーン」など幅広い分野で頑張っている表現者たちを紹介するために、9月21日(金)から4日間、札幌市内の14会場でイベントを開催します。

≪LIVE≫
・開催日時/9月22日(土) OPEN/17:30 START/18:00
・会場/ 「BESSIE HALL」「mole」「COLONY」「MESSE HALL」「HALL SPIRITUAL LOUNGE」「KRAPS HALL」「SOUND CRUE basement」「SUSUKINO 810」「EDiT」
back-to-top