2007
07.02

夢チカ LIVE VOL.30

Category: Live
大通りをのんびりぶらぶらしていたら
いつの間にか18時過ぎ。

ライブは18時30分スタート。

やばい。

地下街から外にでると、大粒の雨。
レギュラーの夢チカLIVEに参加するのはこれが初めて。
今回も豪華メンツに付きSOLD OUT。
整理番号もかなり後ろの方だった。
にも関わらず、わりとゆったりとした状態で前の方で見ることができた。
始まってから分かった分かったんだけど、
ちょうどカメラマンが立つポジションの後ろだったんだよね。
そう、夢チカライブは後日TV(地上派)で放送されるのです。


■福原美穂

福原ちゃん。
お名前や写真はよく目にするのですが、
ちゃんと曲を聴いたことがなく、今回初めて歌声を聴きました。

可愛らしい笑顔のアー写から、
柔らかく可愛らしいヴォーカルを想像していたら、
力強いヴォーカルでビックリ。正統派。

一曲目、スティービーワンダー「Sir Duke」のカヴァー。

手拍子を求める時
「手拍子頂いてもよろしいでしょうか?」
と、とても丁寧。

歌声、聴いたことがないと思っていたけど
やっぱりノルディックのテーマ曲になっていた曲は聞いたことがありました。
その曲と、最後に歌ったご両親への想いを込めた曲は
こちらへの届き方が他とは違っていたような気がした。


■APOGEE

いつも音あわせからして、力強くてかっこいいセッションを聴かせてくれるAPOGEE。
そんなセッティングの最中、とても長いコードを会場のいたるところに張り巡らせているスタッフさんがいた。
マイクにもコードを絡めている。
なんなんだろう? と不思議に思いながらも、配線かな、くらいに思っていた。
(マイクに絡める配線なんてないよね)

ライブが始まる前、照明が落ちた瞬間
ステージに色とりどりの小さな光が点滅しだした。

配線は、クリスマスツリーに飾るような電飾だったのだ!

すごいなぁ。
APOGEEの世界観がここに。
こういうことをやろうって思いつくところが素敵。

永野さんはパーカー(!)を着ていて
ボクサーみたいに前をしめないままフードを被っていた。
カッコイイ!

内垣さんはサングラスをしていなかった。
もうサングラスはやめたのかな?
演奏中いろんな表情をするのが良く見えて良かった。

大城さんは地球儀に隠れ、残念ながらあまり見えなかった。
しかし相変わらず浮世離れしたお美しさ。
ライブ後、ステージとは違う服装になっていた。
それもまたステージ衣装みたいに素敵だった。

そして、今回私が一番釘付けになったのが間野さん!
なんだか前よりも更にカッコよくなっていた!
間野さんはこの日ちょうど29歳の誕生日だったそう。
会場の皆が自主的にHappy Birthday to You~♪と歌った。
ちょっとグダグダだったけど、間野さんは喜んでいたみたい。

「夜間飛行」のイントロが流れると歓声があがった。
ライブのこういった瞬間が大好きだ。

〈APOGEE セットリスト〉
1. 流星
2. GIRAFFE
3.Reflection
4. 夜間飛行
5. ゴースト・ソング
6. Just a Seeker's Song
7. Grayman


■sleepy.ab

SEのユキムシの後、オルガンのような山内くんのエフェクターの音…

メリーゴーランド!!

なんだかわからないけれど、早くも胸がいっぱいに。
明るい感じなのに…
オルガンみたいなあの音が祈りのようで。

毎度書いている気がするけれど、
聴く度にどんどんカッコよくなっている。
音に厚みが出ているというか、凄みが増しているというか…
この日の「メリーゴーランド」もすごく良かった。

そしてやっぱり「遊泳」大好き!
イントロに入る前にツハさんのドラムがあったのですが
おっ、きっとこれ遊泳だな? ってワクワク。
そしていつものイントロに入って、キター!! ってね。
(説明になっていない)

ヒックン(シャワータイム先生)、MC頑張ってました。
夢チカLiveは素晴しいイベントで、何度でも出させていただきたいと。
本当にそうだよね。
夢チカのすごいところは、ちゃんと毎月行われているところだ。
TV局主催のライブとはいえ、こんな風に続けてゆくのはかなり大変なんじゃないかと思う。
それを毎回たったの1000円ポッキリで楽しませてくれて、本当にありがたい。
ずっとずっと続いていってほしい。
ヒックン、ライブ中小さくしかリアクションできなかったけど、私も夢チカLiveが大好きです!!

「メロディ」が終わってアンコール。
ほんの1、2分ですぐに戻ってきてくれた。
ヒックンが開口一番
「待たせません。待たせないのが心情なので」
カッコイイ!

「Scene」、途中ちょっとノイズが入ったのですが、そのまま続けられました。良かった。
クララ(山内くん)も立ちました!

APOGEEの方が本当は久しぶりなのに
どうもsleepy.abの方を待ち望んでいたみたい。
いっぱい気持ちが動いた。

ライブ中、sleepy.abが何故あれほど沢山ライブをやっているのか、わかったような気がした。
その理由を聞かれても明確には答えられないけれど(だめじゃん)
ふいに『ああ、だからなんだ…』って、ようやく今頃気付くことができた。

本当に素敵なバンドだよ。
ライブを観ることができて幸せです。

〈服装〉
成山:黒白細ボーダー
山内:白のうさぎが持ちつきしている絵柄のTシャツ+うさぎ靴下
津波:黒の憲T
田中:ポイズン兄弟T

〈sleepy.ab セットリスト〉
1. メリーゴーランド
2. 夢の花
3. Anomarokaris
4. 四季ウタカタ
5. 遊泳スローモーション
6. メロディ
-EN-
Scene


■余談

スリーピーのアンケートにイラストというか落書きを添えました。
洒落にとってもらえたか心配。
我ながらキモイ事をしたとちょっぴり反省。
とかいいつつ、次は何を描こうかなんて考えたりして。

スリーピーは皆、優しくてニュートラル。
時間の無い中ありがとう。
いつもいつもありがとう。


■6/29(金)夢チカ LIVE VOL.30
場所:札幌 KRAPS HALL(中央区南4西6 タイムステーション1F)
open / start :18:30 / 19:00
出演:APOGEE/sleepy.ab/福原美穂
back-to-top