2007
04.21

NORTH43 ~sleepy.ab

Category: Live
sleepy.ab

セッティングの時、山内くんのギタースタンドがなく、ギターの置き場に困っていた。
とりあえず、そっとそっとステージの前の方に置く。
その時、声をかけた前列のお客さんに何故か「すみません。すみません」と誤っていた。
腰の低い王子。謝らなくっていいんだよ。

エフェクターがある程度繋がっても、まだスタンドが用意されない。
しばらくをギターを抱いたままセッティングを進めていたが、やはりやりづらかったのだろう、アンプの上に置こうとした。
だめだってー、危ないってー!
案の定バランスが悪かったらしく、のせるのは断念。
ヒックンのベーススタンドが空いていたのを見つけ、置かせてもらうことに。

もう、『私、持ってますよ』って声かけたかったよ。
ま、私みたいなのに持たせておく事は、ギターアンプの上に載せるより、危険で不安なコトだろうけど。

その後無事スタンドが用意されたので、ヒックンが移し、こっちに置いたよって感じで声をかけていた。

沢山のエフェクターをセッティングする山内くんの作業が終わるまで、メンバーは優しいまなざしで暖かく見守っていた。
一曲目、イントロにビックリ! 遊泳だっ!!

「四季ウタカタ」や「メロディ」など、
これまで見たスリーピーはすっと始まってゆくイメージだったけど
この日はめちゃくちゃロックだった!

ロックなスリーピー☆
やっぱりイベントの雰囲気を上手く考えているなぁと感心。
スリーピーは本当にいつも、見事なくらいスリーピのままで
その場その場にすっと溶け込む。
すごいバンドだ。

sunbrainの二人がスリーピーの東京でのワンマンライブを観て、お客さんが全く動かず世界に入っていた というようなことを言っていたけど、この日のライブは皆音に体を預け、ゆらゆらと見ていた人が多かったように思う。
自然に動いてしまうのよ。
札幌でバンドスタイルのライブをやるのは少し久しぶりということで、彼ら自身の気持ち的な現われもあったのかも。
骨っぽくってカッコよかった!

sleepy.abでもまたしても泣いてしまいそうだった。
この日三度目。
流石に顔をあげていられなかった。
1つのイベントで三度もああいう気持ちになるって事も、なかなかないと思う。

この日は「sonar」をやってくれた。
4月に参加するライブのどれかで聴けたら嬉しいなと思っていた「sonar」。
セッティングの時、成山くんがこの曲イントロを弾いていたので、あらっ!?って思っていたんだけど、本当にやってくれた。
すごく嬉しかった。
本当に夢に落ちるように、キレイなキレイな音に沈んだ。

MCで、今回のイベントのことについて、ヒックンと成山くんがこんな感じのことを話していた。

今回は僕らと親交のあるバンドばかりで、特にsunbrainは2回番組に出させてもらって…
ずっとCDの人っていうイメージがあったけど、今日ライブをみて、『ライブやってるぅ~』『本当に演奏してるぅ~』って。
さっきかかっていた「メロディ」のリミックスをやってくれてね。
もう、すごいことになってますよね。すごいことに。


すごいことにって!

その他のMCとしては、今後のライブ予定で、仙台ARABAKI ROCK FEST. 07に出るという話の中で、fantasiaツアーで初めて訪れた仙台の印象を「開けていた」と語っていました。

とにかく『開けて』いるんだそう。
仙台に着いて驚いたそうです。
札幌よりも開けているって。
そんなに開けているのかー。行ってみたいな。

イベントのトリということで、集まったお客さんにお礼を言っていた。
会場の都合でアンコールはなかったのだけれど、退場する時に、メンバーが夫々一礼していた様子が心に残った。

〈服装〉
成山くん 細めの線の黒と白のボーダー
津波さん 黒いTシャツ、帽子は被っていませんでした
ヒッくん アントニオ猪木T(多分)+sleepy.abメタルロゴキャップ
山内くん 紅葉柄(色味は茶系)、さやえんどう柄の靴下

〈sleepy.ab セットリスト〉
1. 遊泳スローモーション
2. なんとなく
3. arcadia
4. 四季ウタカタ
5. メロディ
6. sonar
7. メリーゴーランド

NORTH43 ~sfp/サカナクション はこちら

NORTH43 ~sunbrain はこちら

NORTH43 ~S はこちら
back-to-top