2007
03.12

HARCO インストアイベント

Category: Live
デビューから10年
ついにHARCOが北海道に来てくれました!

ご本人にとっても、北から南までの全国ツアーは
ずっとやりたかったことのようです。

HARCOの歌声や姿は以前から知っていたけれど
お話しているHARCOは、つい最近やっていた大江千里さんの番組で
ようやく初めて見たばかりでした。

だから、どんな感じの方なのか知らなかったハズなのに、
千里さんの番組で見た時も、今回のインストアでも、
初めてパーソナルなHARCOに触れたという感じが全くしませんでした。

だって、歌のままなんだもん!

HARCOは、彼のやっている音楽のイメージそのままの人でした。
だから『こんな人なんだぁ~!』というのがなかったんだと思う。

あ、でも、思ったよりもお話好きな方なのかも☆
3時過ぎ
エスカレーターに乗っていると、もう会場から何やら音が。

うわ、もうリハ始まってるのかな!? とダッシュ。
するとまだスタッフさんだけのようだったのでほっとする。
(この時は気付かなかったけど、もしかするとHARCOもその場にいたのかも)

yakinikunetくんが、絶好の場所でセッティングの様子を見ながら何かを試聴していた。
『よっ!』って感じで手をあげる。

まだ人だかりはできていなかったので、フロアを回ってフリーマガジンチェック。
しかし落ち着かず、ステージ前に戻るとHARCOもセッティングをしていました。
やがてキーボードに座り「皆さん早いですね」などと話はじめた。
そろそろと前に寄ってゆく私達。
人懐っこい感じで話すHARCO。たちまち場が和む。
色々なチェックをしつつ
「折角早くから集まってくれたので一曲歌います。本編ではやらない曲を」
と、『1分の1の地図』をフルで歌ってくれました。
わー、大サービス!
その後「打ち込みのチェックも…」と、『BE MY GIRL』の音質チェックなどをして、一旦退場。

この間にワットさんやようかんさんもやってきた。
ふと見上げた上にはsoraさんが。

* * *

この日のHARCOの服装は、オフィシャルサイトの3/10のブログで確認できますが、青いギンガムチェックのシャツにザックリとした紺のセーター、ジーンズ。
そのジーンズもちょっとゆったりめな感じで、全体的にぱふっと着ている印象でした。

ほわほわしていて柔らかそうな髪の毛。
なんだかリハの時よりも頭のてっぺんがハネていた気がした。
くしゃくしゃさわっていたのかな~なんて思いながら見ていた。

『BE MY GIRL』は、マイクを伸ばし立って演奏!
ノリノリで最後は鍵盤に膝をのっけてました。
千里さんの番組で、買ったばかりのキーボードを
ライブで興奮しすぎて飛ばしてしまった(客席の方に落としてしまった?)
ことがあるとかいうことを話していたのですが、
ノってくるとテンションがあがってそういうことしちゃうんだ!
結構やんちゃ坊主。

もちろん「BE MY GIRL!」の指差しもバッチリやってくれました。
なんだか『照れくさいけど、ここは一発おもいっきりキメてやる!!』ってなアクションのHARCOがたまりませんでした。
ああ、私もBE MY GIRL!って指さしたかったな。
やっぱり周りの皆さんに「やらない?」って言ってみたらよかった。
みんな実はやりたかったに違いあるまい。
次は恥ずかしがらずにやりたいと思う。
やったらHARCO、喜ぶかな? …喜びはしないかな;

聞きたいなと思っていた『Night Hike』も聞けてうれしかった。
カッコよくって大好き、Night Hike。

一曲ごとにほわわんとお喋りしてくれる。

北海道なので冬の曲を。
10年の間には結構苦しい時期もあって…
僕は今まで、いろいろとレコード会社を移籍していて
野球でいうとセ・リーグ行ってパ・リーグ行ってまた戻って…みたいな。
皆さんにとってはどこから出してるかなんて関係ないと思うんですけどね。
『winter sports rainbow』は2002年にリリースした曲なんだけど、
この頃、移籍して半年くらい仕事がなくてお金もなくて、時間だけがあって、ひたすら曲をつくっていた。
そんな時に作った曲の中の一曲です。
あの頃は出せなかった曲だけど、今こうして皆さんの元に届いて良かったなって思う。


なんだか考えさせられた。

HARCOが北海道に来ないのは、
北海道は遠いし寒いから、あまり来たくないからなのかな?
って考えたこともあった。
でも全然違った。
10年間一度も北海道に来なかったことを何度も謝ってくれた。

(北海道にも来てほしいという)皆の声は、ちゃんと届いていました。
インターネットとかで。
一度来て、その後5年くらい来れなくなるのが嫌だった。
またすぐに来れるように時期を見計らっていた。
これからは最低でも年一回は来るようにしたい。
年内もう一回くらい来たい!


包み込むような優しい音楽で
マイペースに活動を続けてらっしゃるように見えるけど、
この10年、本当にいろいろなことがあったのだろうなぁ。
そう思って「PICNICS」の歌詞カードにあるDiscographyを見ると感慨深い気持ちになる。

こうして北海道に来てくれた今、
また近いうちに来るって言ってくれた今に感謝したい。

生で聴いた『世界でいちばん頑張ってる君に』
心を振るわされた。

私はちっとも頑張ってないけれど、
あんな風に言われたいってきっといつもすごく思っているんだ。

【MC】※記憶違いがあるかもしれませんが、すみません。
北海道、寒くて安心した。
東京は暖かくて冬らしい冬じゃなかったから、
雪景色を見て安心した。

札幌は街並もキレイですね。
全体的に四角い。
空港から札幌に来る途中、最近出来たと思われる北欧風の建物があっていいなと思った。
ああいうのに弱いので。
札幌に住みたくなった。
5年後には住んでいるかもしれません。

昨日から札幌に来ていて、昨日はラジオに出た。
美味しいものをいっぱい食べた。お刺身とか。
今日はカフェめぐりをした。
次にライブをやるのに良いカフェを、狸小路とかで。
カフェじゃなくても、ライブハウスでも良いんだけどね。
これからは北海道にもちょくちょく来たいと思っていて、
出来れば年内にもう一度ライブをやりたい。


(この後、ベストアルバム購入者にはサイン&握手会があるということで)
マイケルジャクソンが来日していて、なんかほんの数秒写真撮ったりするだけで何十万とかやってましたけど…僕はそんなに高くないんで(笑)

【サイン&握手会&お見送り】
:早くから来ていただいて…
私:(よく覚えていないけど、とにかく感激した旨を伝える)
  良いカフェは見つかりましたか?
:いっぱいありすぎて…
私:是非また来て下さい!

サインをしてもらっているつかの間、そんなことをお話し握手しました。
最後に「今度はソング・バードを… コーラスを一緒に歌いたいです」と言うと、
HARCO、そして女性スタッフさん(マネージャーさんかな?)も
「ああっ!!」というリアクションをしてくれました。
なんだかすごく嬉しかった。

私『Portable Tunes』に収録されている「ソング・バード -新宿上空Remix-」(ライブ音源)を聞いて、あんな風にライブで一緒にコーラスを歌えたらなぁと思っていたのです。
叶ったらいいな。

全員のサインが終わり、挨拶をしてHARCO退場。
リハから退場までの間、何度も「また来たいと思います」って言ってくれました。
明日にでもまた会えるみたいな感じでバイバイって手を振り合う。
みんなずっとニコニコだった。
優しい気持ちとパワーをいっぱいもらった。

ハルコインストア

〈セットリスト〉
リハ: 1分の1の地図

1. お引越し
2. BE MY GIRL ~君のデイリーニュース~
3. Night Hike
4. winter sports rainbow(ワンコーラスのみ)
5. 愛するひとのために
6. 世界でいちばん頑張ってる君に

■HARCO “世界でいちばん頑張ってる君に”会いに行くインストアイベントツアー
16:00 start
タワーレコード札幌ピヴォ店 7Fイベントスペース
内容:購入者特典バッジ、サイン会あり
トラックバックURL
http://lovebowl.blog38.fc2.com/tb.php/348-6f5df110
トラックバック
back-to-top