2004
12.30

春夏秋冬

Category: day
今年一年、取り立ててなにがあったということもなかったのですが、
少しふりかえってみようと思います。

スペシャの「オレ的ベストソング2004」に、
私はくるりの「ロックンロール」と投稿しました。
・・・くるりファンに怒られそうですが・・・

なんか、私にとってはこの曲が2004年の幕開けだったような気がするのです。
3月に、岸田さんとクリストファーに会えたことも大きかったんだと思う。
クリストファーは結局脱退してしまったけれど、
彼がくるりのメンバーであったことは、素晴らしい出来事だったと思う。

春は、スネオライブ。
2daysのライブだったけど、やはり2日目(6/17)のライブが忘れられない。
あのライブは、本当に凄かったです。
こんな風に書くのはなんですが、
神が降りたようなライブでした。
信じなくていいよー。

夏以降は異常気象を実感。

秋はOT。
シークレットライブに参加しなかったら、
OT10にそれほど注目してなかったような気がします。
今までかなり勿体ないことをしていた。
折角OTと同じ時代を生きているのだから、
これからはもっと見てゆきたい。
そんなことに気付く事ができたのが大きかった。 良かった。

個人的なことでは、生活のこととかと
向き合わざるを得ない状況になったというのも大きかったことの1つ。

サイト面では、今年も相変らず
思っていたことの半分もやれませんでした。
でも、大分自分のペースがつかめてきたかなとも思います。

この一年の月ごとのアクセス数を見てみたところ、
3月に、それまでよりも1000位増え、
そこからは、だいたい平均したヒット数になっています。

平均しているということは、
リピーターさんが多いということですよね?!
本当にありがたいです。
それが一番嬉しい。

3月にアクセスが増えたのは、
「ヒコウ」の影響でしょうかねぇ。
「ヒコウ」の発売日は4月だったけど、
かなり早い段階から曲は流れていましたものね。

ウチのアクセス数なんかで語っちゃいけないとは思うけど、
こうしてみてみると、やっぱり「ヒコウ」って大きかったんだなぁと思います。

「フォーク」を手にした今、
スネオさんは、とても大きな視点でこれからを捉えているし、
考えた上で、進んでいるのだなというのがよく分りました。

だからといって、どこまでもついてゆきます! なんて言えないけど、
多分、ずっと追ってゆくんだろうなと思います。
幸せなことだよ。

2004年の日記の更新は、これが最後だと思います。
今日の「ルーキーズTV」のよしあしによっては、
また書くかもしれませんが、
短めのコメントのような気もするので、
スネメモの方に書くのではないかと思います。
(わかりませんが・・・)

今年もたくさんの方のお世話になりました。
多くの方と知り合え、
メールもたくさん頂き、嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
以前ほど日記を更新しなくなっているような気がするのですが、
これからも気分次第、楽にやれたらなと思います。

こんな感じではありますが、
来年もお付き合いいただけると嬉しいです。

皆様、よいお年を。
トラックバックURL
http://lovebowl.blog38.fc2.com/tb.php/23-d80331b5
トラックバック
back-to-top