2006
04.24

文化の殿堂

Category:
4/22の日記に書いたとおり、
本日の「UHBスーパーニュース」で、北海道厚生年金会館が売却される問題が特集されました。

この特集は、18日に行われた『三人の侍~旅情編~』がもう一つの柱になっていて、
ライブ映像はもちろん、会場のお客さんの声、そして三人の侍のコメントもありました。
(予告はOTしか写ってなかったんだけど三人ともありました!)

メレンゲの気持ちで松山千春も厚年について話していたけど、
アーティストサイドにも、無くなってほしくないという想いが強いようです。

☆三人の侍のコメント☆

Char
 初めて来た時のことを思い出すし、当時の札幌の様子を思い出す。
 まさか公共の物が無くなるとは思ってもいなかった。

山崎まさよし
 いろんなタイプの音楽ができるホール。
 お客さんが見えやすく安心する。
 こちらからアプローチしやすくて寂しくない。

奥田民生
 ライブをやる上で、厚年(こう略すらしい!)は大きな方なので、
 厚年で出来るようになって良かったというイメージもあると思う。
 新しいホールも出来ているが、歴史ある所で音も馴染んでいる。
 折角育ってきている空間が無くなるのは困る。

OTの『空間に音が馴染んできている』『育っている』という言葉、
すごくいい。

ステージに立つ者じゃなければ出ないコメントだけれど、
一緒にその空間の中にいたことのある人にはすごくよく分かる。

厚年の今後について、
明日、道と札幌市商工会議所トップの話し合いが行われるそうです。

◎ライブ映像、結構流れておりました。
 や~っぱ見たかったなぁ 2時間半以上のライブ!!

◎そうそう、ノースで三人の侍のライブ音源かかるかもってやつ、
 ビートルズ「COME TOGETHER」のカバーがかかりました!

存続を願う会のページ
 もう少しレイアウトとか考えたらいいのに。
 趣旨が分かるような文を上に置いた方がいいと思う。
トラックバックURL
http://lovebowl.blog38.fc2.com/tb.php/160-7cd727d3
トラックバック
back-to-top