2006
04.08

sunbradio #27 感想

Category:
◎sunbrainのsunbradio 第27回 まとめはこちら

Please, Please tell me now~♪
4月、新年度、新たなるスタートということで、アゲアゲを心がけていたのでしょうか、二人のやる気が伝わってくるとてもいい放送でした。
ペース配分も完璧! 成長したな~、あなたたちっ!(嬉涙)
振り返るよりもこれからの話題が多く、前向きに進んでゆく二人をただ立ち止まって見ているだけの私は、正直言うと少し寂しさも感じたくらいです。
それもまた春。

でもやっぱり、寂しいより嬉しいよ。
最初の頃、時々リスナーのことをそのまま「リスナー」って呼び捨てにしてたんだ。
もちろんそんなのこちらは全然構わないんだけど、普通番組ではリスナーや視聴者をうやまった表現を使うよね。
sunbrainはこれまでライブ経験がなく、ファンはもちろんあまり外との接触がなかった(っていうと御幣があるけど)ので、そういうところに気がまわらないのかな~って思っていた。

だけど最近「リスナー」って言ってもすぐに気付いて訂正するようになったんだ。
第26回の時なんて、丸谷さんがうっかり「リスナーからの皆さんからの…」と言ってしまったことに対して、自分で「ダメですよ!」って注意していた。
そして今回は、すらっとリスナーの皆さんってずっと言えていた。

なんか嬉しかった。
ラジオを通じて、少しづつリスナーやファンの存在を感じてくれているんだなぁって思ったよ。

それでもsunbrainはまだまだファンの扱いが下手です(笑)
でもそういう計算ができないところも彼らの魅力なんだけど。
あまりスマートに振舞われてもまた寂しい気持ちになるのだろうしね。

新しいジングルもドドーンと公開! 贅沢すぎます、sunbradio!
だってね、ジングルとはいえめっちゃ気合入ってるの! カッコいいの!
これまでは丸谷さんが作ったんだろうなっていうジングルが多かったんだけど、
モロ南さんなジャズのジングルも増えていたよ。
二人の番組に対する気持ちが感じられ、楽しんでやってくれてるんだな~と嬉しくなります。
Sigur Rosの来日公演ってこの日(4/5)もあったんだよね。
見たかったろうなぁ。チケット持ってないにしてもさ。

復活した宅録委員会。
期待していた宅録エンジェルの復活がなく残念でしたが、今の二人にはもうエンジェルちゃん必要ないかもね。
野原っちでたら、またグダグダになりそうな気もするし。(失敬な!)
でも、曲が完成した時とか、またちらっとでも出てくれたら嬉しいな。
三人でやってたときは、下手なこむぞうみたいだったよなぁ。(一応褒めてるつもり)
懐かしい。

生放送の時はどうも最後の挨拶が「さよなら」が多いような気がします。
「さよなら」で終わられると、なんとなく寂しい気持ちになるのは私だけ?
放送開始してから3ヶ月目くらいたった頃か(未確認)、
ある時、最後の挨拶で丸谷さんが「したっけ」って言ったんです。
なんかそれがすっごくいいなーって思ってあったかい気持ちになった。

「したっけ」ってわかりますかね? 北海道弁です。
『そうしたら』っていう意味かな。
接続詞として使うこともあるんだけど、
『それじゃあね』という感じの別れの言葉としても使います。

それを聴いたとき、「したっけ」っていい言葉だったんだ~
って思ったよ。
それから南さんも「したっけ」って言うようになってくれて、
「したっけ」で終わる時はいっつもにや~っとしながらラジオを消せた。

sunbradioの別れの挨拶は、これからも「したっけ」でお願いしたいです。
さよならは寂しすぎるよ。
トラックバックURL
http://lovebowl.blog38.fc2.com/tb.php/138-75b387be
トラックバック
back-to-top