2009
05.30

怒る時

Category: day
29909451_723347648.jpg

怒りには

なんで分かってくれないのっ!?

って気持ちが混じってる。

それがもどかしくて涙が出る。

悔しくて涙が出る。

やだやだやだ。

しばらくあまり泣いてないなあ。

泣かせてもくれないか。
2009
05.29

余地

Category: day
度々そう思える部分はありつつ、『まさかね~』と思っていたのです。

でもやっぱり、あながち『まさか』じゃないのかも……


ってことはですよ?


バカみたいな私の文を目にされたかもしれないのは恥ずかしいけど、
拍手ボタンついてたらいいのにって、ささやかな願いが届いたみたいに、
札幌でもライブやって欲しいって想いも、ほんの少しでも受け止めてもらえたかなぁ。

多分きっと、ほとんど叶わないだろうけど、それでもさ
本人に直接届いていたとしたら…

そんな風に想像できるだけでも幸せってものだ。
2009
05.23

生きるのに必死

Category: day
買うユニコーンUTはもう決めてるぜっ!
最近夜9時くらいからねむねむになってます。
なんだろう、春?

CIMG1220.jpg

木曜日、エリック・カール展とライラックまつりへ行ってきました。

エリック・カール展は、お友だちからチケットを頂いて。
当日直接お友だちの職場まで押し寄せてもらっちゃったんです。
どうもありがとう!

チケット貰ったその足で大丸まで行って見てきました。
平日の夕方(4時くらい)だけど、結構な来場者でした。
すごい人気です!

想像していたよりもボリュームたっぷりの内容で、とても見ごたえがありました。
結構長いこと会場内にいたもの。
映像やしかけ展示もいっぱいで楽しかったです。

『はらぺこあおむし』はもちろん知っていたけれど、エリック・カールの自身のことや、彼がどんな風に製作しているかなんてことは全く知らなかったので、驚きがいっぱいでした。

何かを生み出すのはやはりそれだけの物事があって、
大好きで、大好きで、楽しんで、つきつめて、もうそればっかりなくらいで。
そんなんじゃなくちゃ続けていけない。
つくり出せない。

エリックさんのアトリエには、色が塗られた素材が色別に保管されているのだけど、使った素材の小さな切れ端も大事にとってあって、それを見たとき感動した。
小さくても、大切な作品の一部なんだよね。

カラフルで見ていて本当に飽きない。
絵本を描く前に描いていたという昔の絵も素敵だった。
25日まで(あと2日しかないけど…)札幌大丸でやっています。

はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カール

商品詳細を見る


可愛い世界にすっかり優しい気持ちになり、ぽっかぽかのお天気の中大通公園へ。
まー、こちらも沢山の人!
皆さんひなたぼっこしまくりでした。
今年はビアガーデンならぬワインガーデンをやっていたので、そこも大盛況。
いいねえ。

ライラックまつりは明日まで。

金曜・土曜とあいにくの雨になってしまったけれど、
ライラックはまだ見頃。

CIMG1209.jpg
2009
05.13

言わせないよ

Category: day
29909451_4037047603.jpg

嘘なんかはつけても
自分の中にないことは言えないね。

音楽が好きな人がよくプロフィールとかに書いているあの言葉。

あの言葉を私はなんとなくあまり使いたくないのだけど、
さ、
音楽を好きな人の話とか、そういのは良いな。

音楽を好きな人がしている話。
音楽を好きな人とする話。

やっぱりそういうのが好きなんだ。
2009
05.09

映画試写会

Category: event
CIMG1206.jpg

昨日は「ROOKIES」の試写会へ行ってきました!
映画の内容的なことは書きませんが、舞台挨拶の様子を少しだけ。

舞台挨拶で誰か2人くらい来てくれたらラッキーだなあと思っていたら、なんと8人も来てくれました!
試写会は何度か行ったことがあるけれど、こんなに出演者が来ていたのは初めてです。
この札幌で!

ルーキーズ、この日は日ハムの試合の始球式にも出ていたようですが、皆、試合用のユニフォームを着て登場。
時間も長めに取ってくれてあり、30分くらいお話を聞くことができました。

メンバーが何か発言するたび、女の子たちがすぐさま反応。
ガンガン話しかける!
それに対してまたニコガクの皆はきちんと応えてくれるのですよ。
皆優しい。
すごく良い雰囲気でした。

なかでも私は新庄役の城田優くんが好印象でした。
特に場を盛り上げようとしてくれていたように感じました。
背が高くて(メンバーの中でも一際高かった!)あれだけのイケメンなのに、高いトーンで喋ったりして、ちょっと芸人さんみたい。
アナウンサーさんからも『ひょうきん者』って言われていたりして、すっかりみる目が変わりました。

最後はニコガクの皆と一緒に全員で「ゴー! ニコガク ゴー!」!
嬉しかったー。

そして皆、持っていたタオルを客席に投げ、帰ってゆきました。
どこまでもサービス精神旺盛であります!

今回の試写会、応募総数が普段の倍で約1万1千通あったそうです。
本当に大人気だよ。
良く当ったなぁ。
とても贅沢でした!

肝心の映画も面白かったです。
ドラマの印象的なエピソードがフラッシュバックしたり、グッとくるシーンがいっぱい。
エンドロールもすごく良かった。
2009
05.07

高く泳ぐや

Category: day
CIMG1180.jpg

GWはずーーーっとお天気でした、札幌。
暖かでしたよ。

お天気なのは嬉しいのだけど、今のところ
特に雨の予報は出てないようで、雨不足が心配。


『いらかの波』という漫画が大好きです。
昔の作品なので知らない方も多いかもしれないけれど、
名作にカテゴライズしていい作品だと思っています。

主人公は渡くんという男の子。
大工になって瓦の屋根の家を作るのが彼の夢。
ちょっと変わった魅力的なキャラクターで、私は彼に恋してました。

好きな漫画の男の子はいっぱいいたはずだけど、
『好きだったな~』って今も想うのは渡くんくらいな気がする。

思い出深い作品です。


ANATAKIKOUが札幌でライブをした時、
「(北海道は)カワラがなくて驚いた」
と、話していた。

河原?
河原ならあるはずだけど…って思ったのだけど、よく考えたら『瓦』だよね。

そう、雪が積る北海道に瓦の屋根の家はありません。
ないことはないのかもしれないけれど見かけません。
いらかの波がないんだよ。
最も、今はこいのぼりもあまり泳いでないけれど。


だからなんだというと、なんてことはなく、
ただこの時期になると、『いらかの波』のことを思い出すので書きたくなりました。
あの世界、心底憧れていたのです。

いらかの波 (1) (集英社文庫―コミック版)いらかの波 (1) (集英社文庫―コミック版)
(2000/10)
河 あきら

商品詳細を見る

2009
05.05

REVOLVER AHOSTAR インストアライブ

Category: Live
5月2日、3日
REVOLVER AHOSTARのインストアライブを見てきました。

写真は3日の会場のイオン札幌苗穂ショッピングセンター。
さくら咲いてます!

CIMG1162.jpg
続きを読む
2009
05.02

ゼンセン

Category: day
CIMG1148.jpg

うおいっ!
結局昨日はライブ感想書けませんでした。
眠くて眠くて…
久々に働いたのでちょっと疲れちゃいました。
けどそんなん言っても仕事あるって、働けるって、幸せね。

出来れば昨日のうちに書きたかったのです。
だって今日明日とリボアホインストアライブ2DAYSなのですよ。
リボアホはリボアホで、アルバムやポッドキャスティングのこととかも書きたいから、
もう書きたいことのせめぎ合いですよ!
連休中に少しでも書けたらいいな。

さて、今日も良いお天気で良かったー。
札駅まで自転車でいくぞ!

桜前線、札幌に到着したそうです。
back-to-top