2008
11.30

もう、どうにも解けない

Category: music
雨の音で目が覚める。

『重要なお知らせ』にこわばりつつ読むと
やっぱり悲しいお知らせだった。

1/24のライブをもってSURFING in United States of Americaから
ドラムのコジヲさんが脱退するそうです。
http://susarock.jugem.jp/

SUSAを知ったきっかけはコジヲさんだっただけに、とても残念。

昨日久しぶりにスネオさんの『テノヒラ』を聴いていて、
やっぱり歌詞が前向きすぎるというか、ちょっと説教くさいなー
なんて思ったんだけど、ドラムがとっても気持ちよくてさ。
シャンシャンシャンって音や、タカタカタカって音
飾りがないっていうのかな、どれも好き。
コジヲさんのドラム、やっぱりいいなーって思ったばかりだった。

『テノヒラ』は、スネオさんのツアーサポートメンバーから外れたコジヲさんが
また久しぶりにスネオさんのCDでドラムを叩いた曲じゃなかったっけ?
アレ違うかな?
全くテキトーな記憶のみで書いています。
なんかこの位の時期のシングルのクレジットを見て
『おおっ、コジヲさんがドラムだよ!』って思った記憶があるのだけども。。。

てか、トータルでみると、コジヲさんがスネオヘアーでドラムを叩いている曲って多いかもね。

SUSAの事を書く時に、散々『元』スネオヘアーサポートとか書いたけど
最新アルバム「バースデー」もほとんどコジヲさんがドラムなので
『元』っていうのはつける必要なかったですよね。ごめん。

コジヲさんの今後の活動は分からないけれど
ドラムの音を耳にしたりする機会はきっとまたあるよね。
楽しみにしています。

脱退は残念だけど、SUSAが解散するとかじゃなくって本当に良かった!!!

これからも音楽を続けてくれたら、私はそれが一番嬉しい。
2008
11.25

swe swe

Category: day
11/9のライブの様子を書きました。

この日はライブの前にかりすさんとナンシー関 大ハンコ展にも行きました。
とにかく作品数が途方も無く膨大で、これ全部彫ったんだ!って思うと、胸がいっぱいになった。

多分に漏れず、私もナンシーが好きだ。
濁したり誤魔化したりせず、淡々と書きながらも
面白味があり、含まれてる想いまで伝わる文章。

いくつもの仕事で、すごく忙しかったろうに
どれもちゃんと書きたいことを書いていた。
嘘がなく、大好きなことを好きな気持ちでやっていたから
多くの人に愛され続けてるんだろうな。

似顔絵じゃない、挿絵みたいな純然としたハンコも、ものすごくいっぱいあった。
点取り占いみたいな雰囲気のとか、レトロな絵柄もあって可愛かった。

カセットやCDのケースも展示されていて、
どんな曲を聴いていたんだろうって、じっくり見た。
Young and Pretty(ブルーハーツ)とか近田春夫のとかあったよ。

CIMG0810.jpg

写真は、ナンシーの前に行ったフルーツケーキファクトリーにて。
キャラメルミルクティーと、季節限定のなんちゃらな梨のタルトを食べました。
美味美味!

飛びまして、22日はMiChiのショーケースライブでした。
それについてはまた後日。
そうそう、新しく出来たiias札幌にも行ってきました。
お店的には思ったほど広くなかったけど、
これからいろんな人がインストアライブやラジオゲストに来ればいいなと思う。
期待!

ここ暫らく、少しのんびりと過ごしすぎています。
冬が始まったというのに。
2008
11.22

FM NORTH WAVE SPECIAL SHOWCASE LIVE 〜MiChi〜

Category: Live
CIMG0837.jpg

MiChiのショーケースライブに行ってきました。
初キューブガーデン!
ありがとうノースウェーブ!続きを読む
2008
11.20

雪が降ったよ

Category: day
CIMG0819.jpg

全国的に寒いようですね。
昨夜から雪が降りまして、朝起きたら結構積っていました。

まだ根雪にはならないよねえ?
だけど天気予報をみると、しばらく雪マークが続いてる。
このままもう溶けずに冬一直線なのだろうか。
今シーズンの自転車は、一昨日で乗り納めだったのだろうか?
そんなっ!
早いっ! 早いよ、冬!

CIMG0822_20081120232733.jpg

心の準備もないままに、ガリガリの路面を歩く。歩く。歩く。

冬はいっぱい歩く。
ヒールのあるブーツなんて履いてられないのだった。
今日は大失敗。
ヒールの低いブーツ、買わなくちゃ。

CIMG0824.jpg

折角(?)雪が積ったので写真を撮ったのだけど、
なんというか…なんてことないですよね。
ぜんぜん“絶好調”じゃないわ~。

雪の写真なんて、これからいくらでも撮れるとはいえ、
今シーズン初の『積ったよ!』の雰囲気を伝えたかったんだけどな。
難しいね。

こんな風に、腕も知識も全くないくせに
一眼……などと血迷った夢を見るこのごろ。
2008
11.18

THX!THX!THX!

Category: day
CIMG0789.jpg

北海道に行きたい とか また行きます って言ってくれたり、
例えその瞬間だけでも思ってくれたら、それだけでもう充分すぎるほどに嬉しい。

そうそう気軽に来てもらえる場所じゃないって分かっているから。

でもだからこそ、いつも心の底から『札幌でライブを!』って願っているのです。
こんなお誘い、社交辞令で出来るわけがない。

ガチで待ってる!
2008
11.16

AICHI!

Category: check
少し前、名古屋のバンド SFOUR のことを日記に書きました。
こちら

そうしたら、読んでくれたお友達が、
名古屋で発行されているフリーマガジンの付録CDに
SFOURや、他の名古屋バンドの曲がいっぱい入ってるからって
そのCDを聴かせてくれてね。

もーーー、嬉しくって驚いたのなんのって!

なんでもお友達のお友達がその雑誌を作っているんだそう。
すごい。

そのCDには、karesiっていうバンドの音源も入っていて
お友達が好きだと言っていたのだけれど、
私もマイスペースで聴いて好きだったので、これまた驚いて。
繋がるね~。

そして

あの日記でいいなと羨ましがったから…
という訳ではないのだろうけれど、
なんと SFOUR 青木さんが、『CLOSER vol.3』を送ってくださいました!

CIMG0817.jpg

おまけでデモまでっ!
なんて貴重な!!

CLOSER
ネットで見た時から豪華な印象だったけど本当に豪華でオシャレ。

お友達がくれたCDにしても、CLOSERにしても、
素敵な音楽がいっぱいつまっていて、
こういうのが無料配布されているだなんて、とても素晴しい事だよね。
北海道も真似するべきだ!
て、他力本願じゃなく、自分でやれたら最高なのにね・・・

CDを手にして改めて思う。

やっぱりCDがあるって、手元に音源があるって、違うね。
その音楽との距離や存在感が、ぐっと縮まる。
身近に感じられる。
マイスペースで聴いているだけの時よりも、深まるんだ。
CDくださったお友達、青木さん、本当に本当にありがとう!!

SFOUR、やっぱりすごく良い。好きだー。

男くさいボーカルさんの声と透きとおるようなサウンド具合がたまりません。
なにより、こういう感じのギターの音色が大好きなのです。
キレイ。

青木さんはsleepy.abが大好きなそうなのだけど、
きっとね、sleepy.abとか好きな人はSFOURのサウンドも好きだと思う。
いつか対バンしてほしい。
出来れば札幌で!

これ読んで彼らに興味持った方は、是非試聴してみてくださいな。
http://www.myspace.com/sfoursfour

音はわかったけど、どんな人たち? って方は、こちらをルックルック!



ね、素敵でしょ。やっぱり素敵バンドでしょ。
因みに動画で話しているイベントはこちら。

タイトル:「光の森の食卓 エピソード2」
日時 2008年12月28日(日)
場所 豊橋市向山文化会館 リハーサル室
時間 OPEN 14:30/STRAT 15:00
料金 前売り ¥3000/当日 ¥3500
  (チャイと軽食が付きます)
出演 
・Traditional Asia
・SFOUR
・WORLD
・BOTANICAL LIFE

シカビルHP↓
http://www.sikavill.tv/


お昼間ライブ!
タイトルにもあるように、光の空間演出が素晴しいイベントのようです。
行ける方は是非!
その前に、CL0SER vol.3のイベントもラスト1本あるようです。
こちらも是非!
http://www.closer-sound.com/
2008
11.14

甘い記憶として蘇る

Category: music
いつも迷うのさ。

あまり曲は知らないけれど、
それでも好きなバンドのライブに行く時、
事前にガッチリ曲の予習した方がいいかどうか。

でもさ、ライブに来るのがわかっているなら
CDは会場で直接買いたいなって思うじゃない。
元々会場でしか買えないアーティストもいたりするし。

結局毎度満足な予習もされないまま挑み、
会場でCDを買い、聴きながら胸焦がす。

この曲ライブでやってたなー。
今ならもっともっと溢れるような想いで聴くのにっ! って。

今またまさに、そんな気持ちでいっぱいです。

は~~~、いいよ、SURFING in United States of America!
好きすぎます!
めっちゃめちゃカッコイイ!!
ライブ行った人皆、CD買えばよかったのに。

今、彼らのマイスペースで聴ける楽曲は、全部新しい曲みたいで
CDには収録されていないんだよね。

マイスペで聴ける「スペリオール」がすごい好きで、
キラーチューンだなって思っていたんだけど、
CDにもキラーチューンがてんこもりだった!
「流星群」や「good night」とか、たまらないの!
コーラスのカンジとかすごく好き。
バンドサウンドがライブをフラッシュバックさせるよ。

ああ、次にライブに来た時もまたやってくれるかしら。
聴きたい! 見たい!
私もwoolly-woolly-woo~~♪って歌いたい!

ねー。
切ないわ。
なんでこんな気持ちになるかっていうと、
そうそう会える人たちじゃないって思うからなんだろうな。

でも考えてみたら、地元のバンドだって、いつだってライブ見れるとは限らないんだよね。
また次があるさ なんて 絶対ではないんだもの。

あの人は元気かな。


ライブの感想はまた改めて。
どしても心に叫ばせたかったのよ。
2008
11.12

おちつき

Category: day
今日は12日なのに、朝から、いや昨日から、何度も13日と間違え続けていた。
なんなの?

サカナクションのSEN(千)LIVEのことでも勝手に翻弄。
そしてスネオヘアーの配信は途中から。
も、おちつけーーーって!
でもサカナのチケット取れたからいいの。
恥ずかしい勘違いっぷりを晒してしまったけど、いいの。。。。
行けるんだもん。

とはいえ、自分のボケっぷりに、ほとほと疲れた一日でした。
2008
11.09

pianissimotion vol.5 “Sunset and Moonlight” side-B

Category: Live
CIMG0811.jpg【出演順】
Opening Act:TOCO
サジカゲン
村田知哉
SURFING in United States of America
SNARE COVER
岩崎愛
シュリスペイロフ
REVOLVER AHOSTAR

続きを読む
2008
11.07

誰にも言えないけど

Category: music
スネオさん スネオさん スネオさんっ!

なんだろうね、この余韻は。
終わった直後より、今になって、呑み込まれそうなほど気持ちが溢れる。

スネメモには書きましたが、
昨日、スネオヘアーがゲストのイベントに行ってきました。
行けてよかったよー。
momomoさん、本当にありがとう!

盛りだくさんのイベントだったけど、
最終的に一番強く残っているものは、結局スネオさんで
心が動いた音楽は、スネオヘアーの音楽だった。

アナタハソレヲ ファンだもの当然でしょ ッテ思ウカナ

スネオさんが来るから雪になるなんじゃないかと心配していたのだけど
昨日は久々に気温が上がって、わりかし暖かだった。
安心したのも束の間、今日は午後から雪。
札幌平野部では今シーズン二度目の雪ですよ。(初雪は4日だったかな?)
夜から明日にかけて荒れるよう。
お昼にゲスト出演していたラジオから聞えたスネオさんの声は、鼻声のように聞えた。
大丈夫かいな。

ラジオ、ノースは無事に録音できたのだけど、AIR-G'は失敗しちゃってね。
AIR-G'にはメッセ送ってなかったし、ノースだけでも聞けたのでよしとします。
それに16日に生放送特番あるし!

札幌であの伝説の番組「極東レーダー24時」が一夜限りの復活!! 

スネオ創世記の伝説のラジオ番組、FM NORTHWAVE「極東レーダー24時」が、「バースデー発売記念スペシャル」として一夜限りで復活します!

FM NORTHWAVE
「極東レーダー24時 ~バースデー発売記念スペシャル~」
11月16日(日)21:00~22:00(生放送)
※番組ではスネオへのメッセージ&メールテーマ「生まれ変わったらなりたいもの」を大募集!
suneo@825.fm
まで、どしどし送ってください!


うわ、メアドがsuneoだ! すごいー。
番組復活、ノース、本当にありがとう!
聞ける方は是非聞いてほしいですよ。
生電もやるみたい。


皆よくそんなこと書けるよなーと常々思っている。
そんな風に感じる私は、ナイーブじゃないのだろう。
羨ましがってるのかもね。
でも書けないもん。

6日のイベント全体の詳しい感想はまた改めて書きます。
2008
11.06

日本臓器移植ネットワークpresents FM NORTH WAVE Connecting Soul Live

Category: Live
CIMG0804.jpg

臓器移植について考えるイベント、Connecting Soul Liveに行ってきました。
場所はザナドゥ。

前にも一度、ザナドゥで行われたノース主催のイベントに参加したことがあったのですが、あの時は入場時間が押したり、お客さんの誘導が直前までなくてやきもきしました。
だけど今回は入場前の早い時間から、スタッフさんがずっとついてくれていた。

ライブが始まってからも、まあ段取りがスムーズ! 展観が早い!
譜面台やマイクの高さが、最初から固定されて出てくるの。
全ての出演者分ですよ。
かなりの本数だったのだけど、リハ段階でセッティングしたまま出てきていたんだと思う。
それだけ用意したんだね、すごい。
スタッフさんの数も多かったです。

出演順:
The New Classics/スネオヘアー/paris match続きを読む
2008
11.02

落ち葉舞い散るころ

Category: music
先日より書いていたClownfish「Catch & Release」
通販をお願いしていたものが届きました。

CIMG0795.jpg

真っ白いのにくるまっていた。

柔らかい紙のような手触りだったので、
最初、ペーパーナプキン?って思ったのだけど
広げてみたら、よく鞄や靴を買ったら入れてくれる袋状のものでした。

同じく今回通販で買ったお友達の日記を読んだら、
みんな夫々いろんなものに包まれて届いたようで、
流石発送慣れしているなあ なんて思った。
(Clownfishはヤフーオークションがきっかけで結成されたユニット)

CIMG0798.jpg

サインの他に、ちゃっかり宛名とイラストまでお願いした。
本当に描いてくれたよ。
お魚の絵。ガオー!
マリオの大砲を思い出す。
ゴジロさん、本当に本当にありがとう!
近い未来、彼らが北海道に来たら
ムトウさんにもお願いして、サインを完成させるんだ。

まだ1曲1曲の輪郭が見えてなく
もう少し聴いてゆかないと感想は書けないのだけど、
マイスペースでダイジェスト試聴した時から一番耳に残っていた
「これでいいのだ」が、やっぱりかなり好き。
うん、やっぱり私はこういうの好きなんだな。

「Colorfule World」もいい曲。
結局全部好きなのだけど。

盤に木のシルエットがプリントされている。
中ジャケにはその写真があり、クリスマスみたい。
白いクリスマス ね。
一曲目「self-melting」、「落ち葉舞い散るころ」のアコースティックなカンジ。
白の中に不思議な可愛いものがいっぱい詰まってるジャケット。
本当に、これからの季節にぴったりなアルバムだと思う。

キ イ テ ミ テ !
http://www.myspace.com/clownfishjp
back-to-top